白内障・白内障手術後用遮光眼鏡

まぶしさを感じる、あらゆる眼疾患をフルサポート。

白内障手術後の見え方


白内障とは眼の中の水晶体が茶褐色になり霧のように視力が低下し極端な場合は明暗がわかるだけになってしまいます。
水晶体を摘出し、眼内レンズを移植した時の見え方

摘出手術後の無水晶体眼は透明度が高くなっています。特に有害な紫外線、青色を多く取り入れています。
遮光レンズ装着時の見え方(CCP400使用時)

遮光レンズを使用することで400nmの有害な紫外線を健全な水晶体とほぼ同様にカットします。手術前の体感色と同様な感じを取り戻すことができます。

CCP400

インドアからアウトドアまで、充実した視環境をおとどけする、カラーバリエーション。 レンズに必要な遮光性能も眼疾患の症状によっていろいろ。TOKAIのカラーバリエーションがそれぞれの症状に幅広くお応えします。

■まぶしさ、ぎらつきの原因となる波長光を遮光レンズがカットします。
まぶしさやコントラストがはっきりしないといった症状を引き起こす500nm以下の波長光は、とくに散乱率が高く、エネルギー量の大きい光線です。TOKAIが開発した遮光レンズ『CCP400』は、この網膜や角膜に大きな影響を与える光を抑え、まぶしさを感じる眼疾患の違和感を緩和させることに成功しました。プラッチク製ならではの扱いやすさはもちろん、手頃なお値段からもぜひ気軽にご利用いただきたいレンズです。CCP400は400nm以下の眩しさを感じる青色に対し一般のサングラスより有効的にカットします。

自然の色を感じるCCP400の効果グラフ

サンプル名:TS
サンプル名:FL

サンプル名:TR
サンプル名:LG
サンプル名:NA
サンプル名:MG
サンプル名:SA
サンプル名:RS
サンプル名:AC
サンプル名:SC
サンプル名:NL
サンプル名:FR

まぶしさを感じるすべての患者の方へ

・網膜色素変性症 ・白子症 ・先天無虹彩症 ・維体杆体ジストロフィー
・糖尿病網膜症 ・白内障 ・白内障手術後 ・緑内障 など
CCP CCP400
(症状によって適応しない場合がございます。)

豊かなカラーバリエーションからさまざまな生活シーンに応じた遮光レンズがお選び頂けます。くわしくは「西眼」までお問い合わせ下さい。